【自粛中も練習!】壁に穴を空けないダーツボードの設置方法

【ダーツの定番ゲーム】ゼロワンのルールやコツについて【初心者向け】

ゼロワン(01)の基本ルール【初心者必見】

ゼロワン(01)は、公式大会や普段の対戦にも使われているダーツの定番ゲームの一つです。

この記事でわかること
  • 01のルール(01の用語など)
  • 01に勝つためのコツ(アレンジ)

初心者向けに基本ルールを解説しつつ、ゼロワンで勝つコツを紹介していきます。

スポンサーリンク

ゼロワン(01)の基本ルール

ゼロワン(01)のルールはシンプルで、数字を減らして、最後に数字を0ぴったりにするとフィニッシュで勝ちというルールです。

もしくは、最終ラウンド終了時点で数字が少なかったほうが勝ちです。

数字が増えるカウントアップとは違って”ぴったり0”にしなくてはいけないので、0を過ぎてしまうとマイナス表示となり”バースト”してしまいます。

バーストするとそのラウンドに減らした点数は、バーストしたラウンド開始時の点数になります。

※バースト・・・01などで数字が0を超えた場合に使われる用語。

※フィニッシュ・・・ゲームの勝敗がついたことを意味します。01の場合0にした時に使われます。

ゼロワン(01)のゲームの種類は301から1501まで

01の種類

ゼロワン(01)の種類は301、501、701、901、1101、1501の6つあります。

ダーツ初心者の方は「301」がおすすめ

なぜ301がおすすめかというと、あんまりグダらないからです。

というのも、中々大きい点数に入らないと、ゲームが長くなったりして楽しめませんし、片方が調子よくて点数に差が出た場合もやる気が削げてしまって飽きてしまう可能性もでてきますからね。(よくそういう現場見ます)

対戦でよく使われているのは501か701

Bフラを超えてくると大体501か701でプレイしています。

理由は公式大会でよく採用されていて練習になるということと、「削り」「上がり目」「上がり」の3つがバランスよく経験(練習)できるからです。

スポンサーリンク

ゼロワン(01)のアレンジ方法について

そもそもアレンジって?という方のために説明すると、上がり目やフィニッシュをしやすくすることをアレンジといいます

ダーツのアレンジは人によって少し言うことが違いますが、ほとんどのダーツプレイヤーは同じアレンジ方法を取り入れています

一般的にアレンジで残すナンバーは40、36、32、24です。理由はトライできる数が増えるからです。

詳しくは下記を御覧ください。

↓アレンジについて書いてます↓
【初心者必見】01(ゼロワン)のマスターアウト・ダブルアウトのルールとアレンジのコツ ゼロワンの「迷わないアレンジ」の覚え方【一旦アレンジ表覚えなくていい】

ゼロワンのアレンジ早見表

160以下の数字はすべて3本以下で上がることができます。下記は分かりづらい160~180までのフィニシュパターンを乗せています。

  • 180(20トリプル-20トリプル-20トリプル)
  • 177(20トリプル-20トリプル-19トリプル)
  • 174(20トリプル-20トリプル-54トリプル)
  • 171(20トリプル-20トリプル-17トリプル)
  • 168(20トリプル-20トリプル-16トリプル)
  • 165(20トリプル-20トリプル-15トリプル)
  • 162(20トリプル-20トリプル-14トリプル)
  • 161(20トリプル-17トリプル-ブル)
  • 160(20トリプル-20トリプル-40ダブル)

※カッコで囲った方法以外にもフィニッシュする方法は何通りかあります。

頭に入れておくだけでも、次に投げる場所が定まるので、フィニッシュに直結して上がりやすくなるので勝率が少しくらいは上がると思います。