【自粛中も練習!】壁に穴を空けないダーツボードの設置方法

はじめてのマイダーツの選び方【初心者向けダーツセットも紹介】

マイダーツ欲しい人

そろそろマイダーツ欲しいけど、選び方がわからない・・・。

マイダーツの購入を考えると、こういう疑問が出てくるのではないでしょうか?

そこで今回、各パーツごとにマイダーツの選び方について説明していきます。

マイダーツを持つと、ダーツの世界観がかなり変わります。

特に今までハウスダーツしか投げてこなかった方は、よりマイダーツの良さを実感すると思います。

スポンサーリンク

マイダーツとハウスダーツの違い

大きな違いとしては、バレルに使われている素材が違います。

バレルとは?
バレルは金属部分のことを言い、ダーツの矢の心臓部分とも呼べる重要なパーツになります。

バレルの素材は主に、

  • 軽くて安価な”ブラス素材”
  • 重くて高価な”タングステン素材”

の2つが使われています。

そして、一般的には「ブラス素材<タングステン素材」が良いとされていて、ハウスダーツのほとんどはブラス素材が使われています。

ブラス素材のダーツがダメとは言いませんが、マイダーツを持っているほとんどの人がタングステンバレルを持っているという現状があります。

一度両方の素材のバレルを投げ比べてみて見るのもいいと思います。違いは一目瞭然です。

マイダーツを持つメリット

マイダーツを持つということは、毎回同じ重さ・形状のバレルを投げることになるので、ハウスダーツに比べて断然投げやすくなります。

というのも、ハウスダーツはお店によって重さや形状がバラバラなので、同じ投げ方をしても同じ飛び方をしてくれません

折角上手にダーツを飛ばせていても、道具でダーツの腕が左右されるのは嫌ですよね。

合わせてデメリットも書こうと思いましたが、最初の購入時にお金がかかるくらいで、正直思い浮かびません。

マイダーツを買うタイミング

欲しい!と思ったタイミングが一番の買い時であることは間違いないとして、個人的に早いほうが良いと思います。

もちろん「上手くなったら買う」とか「お金が溜まったら買う」など理由は様々あると思いますが。

ダーツ脳筋的な考えですが、同じ料金を出して投げるくらいなら投げやすいマイダーツを使ったほうが満足度は高いです。

スポンサーリンク

マイダーツの選び方やポイント

ダーツの矢は「バレル、フライト、シャフト、チップ」の4つのパーツで構成されています。

では、各パーツの選び方や選ぶ際に抑えておきたいポイントを解説していきます。

バレルの選び方

バレルは、マイダーツの核となる部分にあたります。

そして、バレルを選ぶ際に注目してもらいたいのは、形状と重さです。

初心者におすすめのバレル形状は?

バレル形状で代表的なのは、以下の3つで、それぞれ特徴があります。

形状の簡単な説明
  • ストレートバレル・・・太さが先端から最後まで一直線なバレル。どこを握っても良いのが特徴的なバレル。
  • トルピードバレル・・・先端部分が少し太く後方に向かって細くなっているのが特徴的なバレル。
  • 砲弾型・・・トルピードがより前重心になったバレル。先が太く前重心なので鋭く飛びやすいのが特徴的なバレル。

個人的におすすめなのは、グリップ位置が把握しやすく飛ばしやすいトルピード形状のバレルです。

ただ、万人受けしやすい形状というだけなので、持ちやすさと飛ばしやすさがマッチすれば他形状を使うという選択肢も大いにアリだと思います。

初心者におすすめのバレル重量は?

おすすめのバレル重量は、16~18gです。

ざっくり重さについてまとめるとこんな感じです。

  • 軽い16~18gのバレル・・・扱いにくいが、技術が向上しやすい。
  • 重い20g以上のバレル・・・扱いやすいが、技術が向上しにくい。

ちょっとの重量差に見えますが、実際に投げてみると全然感覚が違います。

ただ、正直この辺は好みの問題になってくるので、上記は参考程度に受け取ってもらえると幸いです。

↓ バレルの選び方について書いてます ↓
ダーツバレルの選び方と初心者向けの人気おすすめバレルを紹介します ダーツバレルの選び方と初心者向けの人気おすすめバレルを紹介します

フライトの選び方

フライトはダーツの飛び方に一番影響してくるパーツです。

そして、フライトは形状が肝になってきます。

フライト形状は、画像の左から順に「スタンダード、シェイプ、ロケット、カイト、ティアドロップ、アストラ、ゼット、スリム、バレット」となっています。

そして、フライトは面積が広ければ広いほど、空気抵抗を受けて安定した飛びをします。

逆に狭いと鋭く飛び、より直感的に狙うことができますが、安定性に欠けます。

詳しいフライトの種類については、わかりやすく書いた記事があるので、そちらを御覧ください。

↓ フライトの種類について書いてます ↓
ダーツの飛びが良くなるかも?!きれいに飛ばすためのフライトの選び方 【綺麗に飛ばすために】はじめてのダーツフライトの選び方【形状・種類解説】

初心者におすすめのフライト形状は?

ずばり、スタンダードフライトとシェイプフライトです。

わかりにくいですが、少しスタンダードの方が面積広めで大きいです。

この2つはフライトの面積が広く安定した飛行姿勢で飛ばすことができます。

はじめたてで、飛ばす感覚を養うためにはもってこいのフライトと言えます。

シャフトの選び方

シャフトは、矢のバランスや飛び方に影響を及ぼすパーツです。

そして、シャフトの長さを大きく分けると、

  • ショート・・・短いシャフト (12~21mm)
  • インビト・・・ショートとロングの中間サイズのシャフト (24~33mm)
  • ロング・・・長いシャフト (35~44mm)

の3つに分けられます。

長さの特徴としては、長いシャフトは安定があり、山なりにふんわり飛びやすいです。

短いシャフトは、鋭く直線的に飛ぶので直感的に飛びやすいです。

その他の詳しいシャフトの選び方や長さについては下記記事に書いてるので、そちらを御覧ください。

↓ シャフトの選び方について書いてます ↓
ダーツシャフトの選び方や初心者におすすめの長さ・種類は?

初心者におすすめのシャフトは?

バランスが一番取れたインビトサイズ(24~33mm)が良いと思います。

インビトの中でもおすすめは26mmです。

一番オーソドックスというか、飛ばしやすいと思います。

チップの選び方

チップを選ぶ基準は下記です。

  • バレルに合った「規格
  • すぐに折れない「耐久性
  • 長くたくさん使える「コスパ

他のパーツのように、飛び方に直接影響するパーツではありませんが、割と重要です。

バレルとの規格が合わないと使えませんし、すぐに折れると取り替えの手間があります。

これらを含めて、コスパが良く長く使えるチップがおすすめですね。

↓ チップの選び方について書いてます ↓
失敗しないダーツチップの選び方【おすすめの人気チップ紹介】

初心者におすすめマイダーツセットは?

ズバリ、初心者におすすめのマイダーツセットは、トリニダードのダーツセットです。

商品内容のバランスが良く、一言で言うなら「コスパ最強のダーツセット」です。

他のダーツセットについても、まとめた記事があるので詳しくはそちらを御覧ください。

↓ おすすめのダーツセットについて ↓
【コスパ最強】初心者におすすめのダーツセットランキング5選