【自粛中も練習!】壁に穴を空けないダーツボードの設置方法

ダーツのストレートバレル選びに迷ったらこの5つが特におすすめです

日本はソフトダーツが主流ですが、最近ハードダーツも日本で盛り上がりを見せています。

日本人選手が世界の舞台で活躍したり、FIDOダーツという新しいダーツマシンの登場でハードダーツが身近な存在になってきました。

一方、ハードダーツといえば「ストレートバレル」のイメージが強いですよね。

これからハードダーツを始めようと思っている人でストレートバレルを使おうと考えている人少なくないと思います。

そこで今回は、投げて見て投げやすいと思ったおすすめのストレートバレルを5つ紹介していきます。

さーもん(管理人)

おすすめのストレートバレルを紹介しつつ、合わせてストレートバレルの特徴や使うメリットなどについても話しています。

スポンサーリンク

おすすめのストレートバレル5選

一時期ハードダーツに力を入れいている時に、ストレートバレルを投げ漁って個人的に投げやすいと思ったものを抜粋して紹介していきます。

中には僕が個人的に好きであろうストレートバレルも混じっていますが、割とどんな人でも合いやすいものを選んでおすすめしているので、ストレートバレル選びに迷っている方はぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

さーもん(管理人)

では一つずつ見ていきましょう!

TRiNiDAD PRO Eder Type2(エデル タイプ2)

重さ 20g
長さ 48mm
最大経 6.6mm
規格 2BA
スティールモデルの有無 有り

トリニダートプレイヤー吉野洋幸選手の2作目のモデルバレルです。

本人の人気や実力もあると思いますが、第一弾で「使いやすい・投げやすい」という評判がたくさんありました。

僕自身が投げてみた感想ですが、とにかく「手離れがスムーズ」というイメージがあります。

バレル中央から後方にかけてローレット加工がされていて、グリップ力を保ちつつ手離れの良さ実現しています。

Winmau MvG Assault 20g(マイケルヴァンガーウェン選手モデル)

重さ 18g(セット重量20g)
長さ 50.8mm
最大経 6.35mm
規格 2BA
スティールモデルの有無 有り

PDC世界ランキング1位のマイケル・ヴァン・ガーウェン選手のモデルです。

こちらのバレルは商品名のところに「20g」と書いてますが、単体の重量が18グラムになります。

重量がそこまで重くないのに、長さが50mm超えていて、ストレート形状のバレルが投げやすいと感じていて、なおかつ重量がそこまで重くないバレルを使いたい人に向いていると思います。

カットもシンプルなリングカットが施されているくらいなので、誰でも扱いやすいバレルと言えますね。

MONSTER OGRE LIMITED EDITION(オーガ リミテッドエディション)

重さ 16.2g
長さ 42mm
最大経 6.6mm
規格 2BA
スティールモデルの有無 有り

元々人気のあったモンスターの「オーガシリーズ」の限定復刻版になります。

ストレートバレルって長くて重量が重いイメージがあると思いますが、このバレルはすべてがそのイメージとは反対の性質を持っています。

重量が16.2g、長さが42mmってあんまり見ないと思います。

知り合いが持っていたので、使わせてもらいましたが、過去作のオーガとほぼ同じ感触でした。

扱いやすさ◎・デザイン◎で僕はかなり好きなシリーズです!

unicorn MAESTRO SIGO ASADA PHASE2(マエストロ フェーズ2)

重さ 22.5g
長さ 47mm
最大経 6.8mm
規格 2BA
スティールモデルの有無 有り

浅田斉吾選手のユニコーン移籍後2作目のモデルバレルです。

投げる前に後方部分のカット強そうだなーと思っていましたが、意外とかかりが緩くて手離れの良さを感じました。

前作でも採用されていたローレット加工が良い役割をしているのかもしれません。

長さは標準的ですが「重量がもう少しほしい」という希望があるプレイヤーに好まれるストレートバレルだと思いました。

DYNASTY A-FLOW BLACKLINE EDDIE(エディ)

重さ 19g
長さ 51mm
最大経 6.1mm
規格 2BA
スティールモデルの有無 有り

ダイナスティープレイヤーのファウルクス昌司エドワード選手のモデルバレルです。

以前レビューさせていただいたモデルになりますが、とにかくこのバレルの良さでいうと「抜け感が気持ちいい」です。

そして、このストレートバレルは少し珍しくて「長くて細い」です。

細めで少しグリップ感に不安を抱きそうですが、長さが割とあるので、持ちやすさはしっかりあります。

個人的には、4フィンガーグリップの人・3フィンガーグリップで中指を前方に置く人に向いているストレートバレルだと思います。

ストレートバレルを使うメリット

個人的にストレートバレルのメリットと思う部分をまとめると下記のような感じです。

  • グルーピングしやすい
  • どんなグリップにも適応しやすい
  • 扱いが少し難しい分ダーツ技術が身につく

グルーピングの恩恵が受けられるのは特にハードダーツで「スタッキング」という技術を使った時にストレートバレルのグルーピングの良さが発揮されます。

他にもストレートバレルは長さがある分セッティング次第ではグリップ位置を簡単に変更することができます。

ストレートバレルのその他のメリットについては下記の記事で詳しく書いているので、ぜひ御覧ください。

記事

さーもん(管理人)

デメリットについても合わせて書いているので、参考にしてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

ストレートバレルが合う人

個人的にストレートバレルが合う人は、まだダーツに慣れていない初心者さんなんかにおすすめだと思います。

ストレートバレルは扱いが難しいので、上級者向けと思われていますが、逆に言えばストレートバレルを投げれるようになれば、ダーツを上手く投げられている証拠にもなるので、ダーツ上達の手助けをしてくれると感じるからです。

また、ハードダーツを頑張ろうと思っている方にもストレートバレルは合うのかなと思います。

さーもん(管理人)

世界で活躍する選手のほとんどがストレートバレルを使っていて、やはりスタッキングしやすいというのが、一番のストレートバレルを使うメリットだと思っています。

まとめ

今回ストレートバレルのおすすめについて話していきました。

それぞれの説明でも書いたように、全部投げた時のイメージが良かったです。

もしこれからハードダーツをしようと思っている人、ダーツの腕を向上させたい方はストレートバレルがおすすめなので、ぜひ一度投げてみて感触を確かめてみてください!

さーもん(管理人)

とはいえ、向き不向きはあると思うので、一度ストレートバレルを知り合いやお店で試し投げさせてもらって、使えそうだなと思ったら使うみたいな感じでも良いと思います!