【自粛中も練習!】壁に穴を空けないダーツボードの設置方法

ダーツの投げ方「スイング」とは?【再現性を高めたい方におすすめ】

先日、ダーツの投げ方で、「プッシュ」について記事を書かせていただきました。

今回は「スイング」について話していこうと思います。まだ「プッシュ」についての記事をご覧になってない方はそちらも合わせて御覧ください。

ダーツの投げ方「プッシュ(押し投げ)」とは?【上手に矢を飛ばせない方におすすめ】

プッシュが上手くできない方などはこちらのスイングの方が合っているかもしれないので、ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

ダーツの投げ方「スイング」とは?

スイングとは、肘を起点として、腕を振る投げ方です。

プッシュは押し出して肘が跳ね上がるような動作でしたが、スイングの場合肘を動かさずに投げる方法になります。

そして、スイングは下記のような特徴があります。

  • 安定して同じ投げ方ができる
  • リリースが難しい【点】
  • 空間把握能力が必要

スイングもプッシュ同様にメリット・デメリットが存在しています。

安定して同じ投げ方ができる

肘を固定し、肘を起点として振り子のように投げるため、プッシュに比べて安定して同じ投げ方ができます。

安定して同じ投げ方ができると、再現性が高いということになりグルーピングの精度にも期待できます。スイングの最大のメリットだと思います。

余談ですが、有名なスイング選手としては浅田斉吾さんとかがそうですね。

スポンサーリンク

リリースが難しい【点】

プッシュは、リリースゾーンと話しましたが、スイングはリリースポイントになります。

フォロースルーの手首の返しのギリギリまで軌道に手を運ぶプッシュに対し、スイングはリリースポイントのちょっと先くらいまでしか軌道に乗せられません。

簡単に言ったら、リリースしていいエリアが広いか狭いかの差です。

肘を固定した投げ方のスイングは、リリースポイントを過ぎると下に向かってダーツが飛びます。リリースポイント前で離すと上に飛んじゃいますね。

極端に言いましたけど、スイングはこのくらいシビアにしないと本当に吹っ飛びます。

腕を振る速度もちょっとむずかしい【力加減】

リリースの話のついでになりますが、投げるスピードもスイングはシビアで難しいです。

もちろんその方のリリースする地点や狙っているターゲットの位置などの関係性によりますが、スイングが早いままリリースポイントでダーツを離すと思っているより上に飛びます。

逆に遅いと勢いがなく下に飛んでしまいます。

力が入りやすいだけに力加減が難しい投げ方とも言えます。

なので、人によっては常に7~8割の力(自然にMAXの力を入れた時)で投げる人や、常に2~3割くらいの力(脱力して力がMAXで入ってない時)で投げている人もいます。

極端にする必要はありませんが、なにか指標を作るとスイングスピードは安定しやすいかもしれません。

空間把握能力が必要

ダーツで言う空間把握能力とは、簡単に言うと、どんな弧を描いて狙った場所に刺すかを把握できる能力のことです。

話だけ聞くとチート級の能力ですが、練習次第で習得可能ですのでご心配なさらず。

最初の方に話しましたが、スイングは肘を固定して投げる方法になるので、プッシュと比べて大きい弧を描いて飛びます。

距離感とかをある程度わかってないと狙ったところに飛ばしにくいです。感覚的な話しですが。

とはいえ、感覚的な話しゆえに練習することで元々その能力が乏しい方でもある程度感覚をやしなうことができます。

スポンサーリンク

まとめ

  • 安定して同じ投げ方ができるためグルーピングしやすい
  • リリースポイントがシビア
  • スロースピードもそこそこシビア
  • 空間把握能力があるとスイングは有利

もちろんスイングだから肘を動かしたらだめというルールはありませんので、スイング気味だけどちょっとプッシュっぽい投げ方とかいいとこ取りして自分に合った投げ方を模索しましょう。