テイクバックを安定させる3つのコツを紹介します【ダーツ投げ方】

テイクバックはダーツを投げる動作の中の一つで、「引く」動作とことをいいます。

人によって腕をたたむとか言ったりしますが、ほぼ同じ意味だと思ってください。

テイクバックはただ腕を引くという動作だけではなく、狙った的に刺すための重要な役割を持っています。

そこで今回は、テイクバックを安定させるコツを3つにまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

テイクバックを安定させる3つのコツとは?

さすがにテイクバックというものを語るには3つじゃ収まらないと思いますし正解がないものなので、僕のレーティングが爆上がりした時のテイクバックで気づいたことを凝縮して3つにまとめています。

テイクバックは毎回同じ位置に引く【再現性UP】

他の記事でも言ってますが、ダーツは同じ動作、腕の動きができたほうが良いです。

それはテイクバックも同じで、思い通りにいかない時は意外とテイクバックが毎回同じ位置に引いてこれてなかったりします

テイクバックの最下点(引ききったところ)を大砲の発射台に例えてイメージしてみてください。。

発射台が少しでも右にずれていたら、ずれた分大砲の向きを変えなければいけませんよね。

テイクバックの最下点のポジションを確立するとそれが基準になって、不調の原因がわかりやすくなったり、リリースも同じところで離しやすくなったりします。(これがポジション作る一番の理由です)

もちろん画像のように右にズレているのが標準って方もいらっしゃるので画像が正しいわけではありませんが、まっすぐ引く例をベースに話しました。

そしてポジション作りさえ確保してしまえば、調子の波も落ち着くと思います。

ポジションの指標作り例
  • 顔に少し当たる(かすらせる)位置を最下点にする
  • マックスで腕を引く(村松さん方式)
  • セットアップしたところから引かない(ノーテイクバック)など…

今回ノーテイクバックについてそこまで深く話しませんが、ノーテイクバックはポジション作りに関して言うとメリットありますね。引く動作がないので指標が作りやすいと思います。

テイクバックの最下点でタメを作る

タメを作ると力が乗せやすくなって余計な力をいれずにダーツを飛ばすことができます

タメとは「溜める」ことを言い、ダーツ上級者のほとんどが行っている動作ですね。

具体的にタメを作るタイミングについて説明すると、「テイクバック→最下点に着く(ここでタメを作る)→投げる」という感じになります。

言葉で表現しにくいんですが、タメがあると力が伝えやすいだけでなく、先程話したポジション作りも安定しやすいです。

タメのポイント

タメは最下点で止めろという意味ではありません。他の人がみても全然わからないくらい動きつつ静止するのがタメのコツです。誰でも良いのでプロの動画をタメを意識しつつ見るとタメというのがわかってきますよ。

セットアップとテイクバックの最下点の距離を短くする

このコツは、ダーツを離すのが早い人に合うかもしれません。

どういうことかというと、テイクバックする距離を少し短くしたら”力の乗せやすさとリリースのしやすさのバランス”が良くなるかもしれないということです。

ちなみに個人的に一番効果があった方法で、昔は肘よりも前でセットアップしていてリリースが安定していなかったんですが、セットアップを肘より少し後ろにしただけでかなり安定しました。

画像を見てもらえるとわかると思いますが、セットアップを少し後ろにすると手首が寝やすいので、ダーツのぐらつきもなくなって素直に飛んでくれるようになった気がします。

ダーツを引く距離が短くなった分ミスも減りますし、直感的に「テイクバックの後にすぐに離す」っていうのがイメージしやすくなりましたね。

まとめ:合うものを試してみてね

僕の経験談だけで語らせていただいたので多くの方のヒントになれるかわかりませんが、上記を伸び悩んでるダーツ仲間に伝えたところ右肩上がりに良くなったことが多々あったので、合うものを試してみてくださいね。

ちなみに僕がいつも不調になる原因はグリップとテイクバックなので、テイクバックに関してはこの3つを絶対的に信頼しているのでほぼほぼグリップで悩むことが多いです。

悩む箇所を減らすためにもテイクバックで絶対的に信頼できるものを作ってみてはいかがでしょうか。