ダーツは「飛び(軌道)」のイメージが重要です

ダーツを投げる時に重要視されていることの一つに「軌道のイメージ」があります。

軌道や飛びに限らずどのシーンでもイメージというのは大事だと思いますが、特に現れるのが飛びだと個人的に思ったので、今回は「軌道のイメージ」にフォーカスを当ててお話していきます。ダーツ上達のヒントになれば幸いです

スポンサーリンク

ダーツの軌道がイメージできると?

軌道のイメージができてくると飛びが良くなっていきます。

もちろん狙ったところにも刺さるようになりますし、飛びで自分のコンディションなんかもわかりやすくなります。

個人的にキレイな軌道を意識するってよりは良いイメージの結果キレイな軌道になるってことなのかなーと思ってます。

イメージを把握するには?

動画を撮ったりだとかプロのスロー動画をみて「こんな風に飛ばしたい」って思うところから始めて、投げ込んでいくうちに徐々に把握できるようになると思います。

あと色んな人のイメージを自分に落とし込んでみてしっくりきたものを実践してみるとかでもイメージしやすいと思います。

色んな人のイメージの例

イメージが沸かなかったりよくわからない人は、イメージの例になぞってダーツを投げてみてください。

イメージの例
  • ブルと構えたダーツを太いパイプで繋いでそのパイプの中を通すイメージ
  • 狙っているターゲットの少し上にバスケットゴールをイメージしてそこにダーツを上から入れるイメージ
  • ダーツが失速するよりも先にボードに刺さる直線的なイメージ
  • ボードと自分の間に山を想像してその山に当たらないように投げるイメージ

今挙げた以外にもあると思うので、もし身近に上手な方がいればきいてみてもいいでしょう。きっと何かイメージがあって投げていると思うので。

プロのスロー動画を見て軌道をイメージしてみよう

まだイメージできない方は、プロダーツプレイヤーのダーツの軌道や飛びを見てみてください。何か感じるものがあるはずです。

知野真澄プロのスロー動画

浅田斉吾プロのスロー動画

村松治樹プロのスロー動画

江口祐司プロのスロー動画

浴本昇吾プロのスロー動画

鈴木未来プロのスロー動画

松本恵プロのスロー動画

近藤静加プロのスロー動画

坂口優希恵プロのスロー動画

もっと紹介したい方はいますが、何の記事かわからなくなるのと動画が見つからなかったので、この辺にしときます。

スポンサーリンク

まとめ

後半プロのスロー動画ばかりになってしまいましたが、個人的にプロから学べることは多いと思っています。

今回は軌道や飛びにフォーカスを当てて話しましたが、一つのスローに関しても無駄のない動きだったり投げ終わった後のフォロースルーだったりと、なにかのきっかけやヒントになるところはめちゃくちゃ隠れています

たくさん投げるのは大前提として、たまにはこういう研究の時間も作ってはどうでしょうか。