【自粛中も練習!】壁に穴を空けないダーツボードの設置方法

ロングチップのTIGAハイパーポイント(ハイポ)を使ってみました【感想・レビュー】

TIGAから発売されているソフトダーツチップハイパーポイントのレビュー記事です。

レビュー記事といっても今回は24mm、27mm、30mmの3種類ある中の30mmのロングを買ってきたので、「ハイポのロングサイズのチップどうなの?」って方向けの記事になります。

スポンサーリンク

【TIGA】ハイパーポイントの詳細

値段 300円(税込)
本数 25本
長さ 24mm、27mm、30mm
対応バレル 2BA
色の種類 ホワイト、ブラック

同じジャンルのコンドルアルティメットは40本入で580円とかで1本あたり約14.5円だったのに対し、ハイポは25本入で300円1本あたり約12円で値段はハイポの方が安いようです。

同じチップで長さの選択肢が多いのはポイントが高いです。チップでセッティングのバランスを整えることもできますし、シンプルにしっくりくる長さを選ぶこともできますからね。

長さはコンドルチップより1mmほど短いみたいですが、並べると違いがわかりませんね。

※左からLのプレミアムリップポイント、コンドルティップアルティメット、ハイポです。

とはいえ、肝心なのは「耐久性」や「使いやすさ」ですね。

ハイポの使用感【使った感想】

比較されやすいコンドルティップアルティメットとの比較も少しはさみつつ感想を話しています。

使っていくと抜きやすくなるが基本抜きづらい

投げたダーツが抜けにくいとそれだけでストレスになっちゃいますよね。

その点ハイポは最初は抜けにくく使っていく内に抜けやすくなってくるチップでした。

付けたての時はかなり抜きにくいですが、使っていく内に段々普通に抜けるようになってきます。

あと、抜きやすさはセッティング次第でも変わってくると思います。

僕は現在セッティングの総重量18gで軽めなのでまだ抜きやすかった方ですが、一緒に投げてた友人は重いバレル(総重量22gくらい)を使っていて、「めちゃくちゃ抜きにくかった」と言ってましたし実際に結構力入れないと抜けなかったです。

とはいえ、色々加味しても若干の抜きにくさは感じましたね。

刺さりやすさは抜群に良かった

ハイポ刺さりやすさ抜群でした。

先程の抜きにくさに直結している部分かもしれませんが、かなり刺さりは良かったです。

コンドルティップアルティメットを使っていてちょっと刺さりの悪さみたいなのを感じていたので、個人的にここはコンアルに勝るのかなーと思います。

全然折れない

使用期間は3日で、実際に使った時間はトータル約12時間とかでしたが、1本も折れませんでした。

耐久性は問題ないみたいですね。

あんまり曲がらない

コンアルを使う前にも思っていったんですが、ロングチップってすぐ曲がるイメージがあったんですよね。

でも実際にコンアルもハイポも使ってみて全然曲がらない。

全然って言ったら嘘になりますね。ちょっと曲がりますけど、ダーツしに行く度に交換するような曲がり方はしないです。

スポンサーリンク

総評

個人的にコンドルティップアルティメットより好印象です。

僕の投げ方のせいかもしれませんが、コンアルあんま刺さらなかったんですよね…。

その点ハイポはすんなり刺さってくれる。若干の抜きづらさはありつつも他はかなり満足できました。

コスパが良い点もGOOD。色んな人が使えるように長さが3種類から選べるのもGOOD。

久しぶりにプレミアムリップポイント以外で感動したチップでした。

追記

追記1(2019年8月5日)

この記事を作成したのは7月の半ばとかでしたが、折れずにまだ同じチップ使い続けてます。曲がったりした時でも手で治せる範囲ならちょっとクイっとやっちゃえばなんとか使えてます。まだまだ途中経過ですが、コスパ最強のチップということは改めて認識できました