【家でも練習!】壁に穴を空けないダーツボードの設置方法

ロングチップ「プレミアムリップポイント30」をレビュー!【他の長いチップとの違いも解説】

たくさんのユーザーから愛されているプレミアムリップポイントの長いバージョン「Premium Lip point 30(プレミアムリップポイント30)」がついに登場。

今まで定番の通常タイプや短いタイプは発売されていましたが、長いタイプだけありませんでした。

ロングチップ好き、プレミアムリップポイント好きの人からしたら待望の商品では無いでしょうか?

とはいえ、肝心な使用感が良くなかったら使いたくないですよね。

この記事では、「Premium Lip point 30(プレミアムリップポイント30)」の気になるところや実際に使った感想を交えながらレビューしていきます。

どんな人におすすめなのか、他のロングチップとの違いなどをお伝えしていくので、ぜひ参考にしてください!

さーもん(管理人)

結論から言うと、従来のプレミアムリップポイントやロングチップが好きな人には間違いなくハマるチップだと思います!

プレミアムリップポイント30のスペック説明

メーカー L-style(エルスタイル)
規格(ネジ) 2BA
全長 30mm(ネジ山含まず)
重さ 0.34g
内容量 30本
価格 660円(税込み)
一本あたり 22円

さーもん(管理人)

価格や内容量は従来のプレミアムリップポイントそのままに、長さが大きく違うスペックをしています。

プレミアムリップポイント30がおすすめな人

まず、プレミアムリップポイント30をおすすめしたい人から見ていきましょう。

  • 刺さりやすい、抜きやすいチップ使いたい人
  • 耐久性最強のチップをお探しの人
  • チップに指をかけたい人
  • ソフトとハードどちらも投げる人

率直に言うと、「プレミアムリップポイントがそのまま長くなった」という印象があり、使用感そのままで長いチップを使いたい人におすすめしたいと思いました。

ただ、あくまでロングチップなので、ダーツに長さがでるのが苦手な人だったり、ボードに刺さった後のタレる感じが苦手な人は向いてないでしょう。

個人的にはドンピシャな商品でした。

さーもん(管理人)

では、もっとプレミアムリップポイントの良いところ、イマイチなところを見ていきましょう!

プレミアムリップポイント30の良いところ

プレミアムリップポイント30の良い点を話していくわけですが、基準はチップとしての性能の良さをメインにレビューしていきます。

ちなみに、かれこれ1ヶ月ほど毎日使用した感想なので、それなりに使い込んだ人のレビューだと思ってもらえると幸いです。

刺さりやすさ・抜きやすさが抜群に良い!

従来のプレミアムリップポイントシリーズと同様に、刺さりやすいですし、抜きやすいです。

他社のロングチップでも刺さりが良いものは多いですが、正直なところ抜きにくいなと感じることは多々ありました。

でも、このチップなら開けたてでもたくさん使っても変わらない抜けやすさがありました。

さーもん(管理人)

もちろん、開けたては軽く抜ける感じではありませんが、他のロングチップに比べると全然マシな抜きやすさです。

耐久性も高くストレスフリー

実際に1ヶ月くらい毎日投げても折れることはありませんでした。

多分折れるよりも先に、曲がってくる方が気になると思うので、タイミングを見て交換してあげれば折れる心配はそこまでないのかなと感じました。

曲がってきても、おろしたてなら指でぐぐっと真っ直ぐ直せばまだまだ使えます。コスパは相変わらず良い。

とはいえ、さすがにたくさん使ってたら普通に指で修正できないくらい曲がってくるので、柔らかくなってきたらその時は交換してあげたほうが良いですね。

さーもん(管理人)

プレイ中に折れると集中が途切れたりするので、その点ストレスフリーなチップだと言えるでしょう。

指をチップにかけても違和感がない

プレミアムリップポイント30はチップの根本が固く、角がはっきりしていて指がフィットしてツルツルしにくいので、信頼してチップ部分に指をかけられます

また、チップに入ってるラインがグリップをチェックするポイントにもなるので、指をかける人にとっては重宝することでしょう。

従来と同じネジ山だから緩みにくい!

従来のプレミアムリップポイントと同じネジ構造なので、緩みにくいです。

緩む心配が減るので、気にせずプレイに集中することができます!

カラーバリエーションが豊富!

プレミアムリップポイント30は、色が6色用意されていてカスタマイズ性が高いです。

ロングチップってカラーバリエーションが少ないイメージがあるので、色を選べることにメリットを感じる人は多いのではないでしょうか。

さーもん(管理人)

チップの色って意外と大事ですよね。

軌道やボードの見やすさだったり、ダーツをするモチベアップにも繋がるので個人的に6色あるのは◎

プレミアムリップポイント30のイマイチなところ

正直このチップのイマイチだなーと感じるところはありませんでした。

ただ、あえて一つ挙げるとすれば「少し軽い」ところでしょうか。

後でまた他のロングチップとの比較で説明しますが、プレミアムリップポイント30は他のロングチップと比べて「0.07gくらい軽い」です。

これをイマイチと感じるかは人によりけりだと思いますが、0.07gでもダーツのバランスが多少変わってくると思うので、セッティングを見直したくなる人もいるかもしれません。

プレミアムリップポイント30は他のロングチップとどう違う?

※左:「プレミアムリップポイント」真ん中:「コンドルアルティメット」右:「ハイポ」

今回比較対象としてロングチップでメジャーな「コンドルアルティメット」「ハイポ」と違いを比べてみました。

プレミアムリップポイント30 コンドルアルティメット ハイポ
長さ 30mm 31mm 24mm、27mm、30mm
重さ 約0.34g 約0.4g 約0.41g
内容量 30本 40本 25本
価格 660円(税込み) 600円(税込み) 310円(税込み)
1本 22円 15円 12.4円
カラー 6色 4色 2色

数値的なところでいうと、以上のような違いがありました。

長さはそこまで変わらないものの、上記でも話したように他と比べてプレミアムリップポイント30は若干軽いことがわかりますね。

他にも違いはありますが、肝心なのは「投げたときの感覚」や「飛び姿勢」がどうかというところ。

そして、実際に投げて感じたことが一つだけあります。

それは、「ロングチップっぽくない飛びをする」ところです。

他のロングチップは、投げると「ダーツがビヨンビヨン揺れながら」ボードに刺さるイメージがあるんですよね。

でもプレミアムリップポイント30の飛びのイメージとしては、通常サイズのプレミアムリップポイントを投げてるのと変わらない感じがします。

普通にスーッと飛んでいく感じ。

僕はロングチップ特有のビヨンビヨン感が好きなわけではないので割りと良いなと思いましたが、もしビヨンビヨンするのが好きな人はここで好みがわかれるかもしれませんね。

さーもん(管理人)

人によっては「もっとロングチップぽさが欲しかった」という意見もでてきそうですね。

まとめ:長いチップが好きな人は一度使ってみるべき!

待望のプレミアムリップポイントのロングバージョン「Premium Lip point 30(プレミアムリップポイント30)」のレビューをしてきましたが、いかがでしたか?

従来のプレミアムリップポイントの良さそのままに、サイズが長くなったので、スティールをしている人でもソフトとの両立がしやすくなって良い商品だと実際に投げてみて感じました。

もしまだ投げてないロングチップ好きの皆さんはぜひ一度使ってみてください!