少しの工夫でダーツのフライトは外れにくくなります

ダーツを投げていて、フライトが何回も外れた経験皆さんあるかと思います。

付け替えたばっかなのに、何回か投げたらすぐ外れる…。割とストレスが溜まりますよね。

そこで今回ダーツのフライトが外れにくくする方法を紹介していきます。

よくフライトが外れる方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

そもそもなぜフライトはすぐ外れるのか?

使用しているメーカーによりますが、以下のことが考えられます。

  • フライトの劣化
  • 付けが甘い
  • シャンパンリングとシャフトの相性(Lstyleの場合)
  • あなたのグルーピングが良い

フライトの劣化はなんとなく想像が付きますね。長く使っているとシャフトに差し込んだときにフライトがガバガバになっていくんです。

そして、もちろんのことながら付けが甘いとフライトはすごく外れやすいです。

シャンパンリングはプラスチック製とアルミ製の2つがあり、体感的にアルミ製のシャンパンリグの方が外れにくいイメージがあります。

プラスチック製のシャンパンリングは素材の性質上変形しやすいので、使っていく内に穴がガバガバに緩んで、強く差し込んでも手で軽く引っ張ると取れるようになります。

最後は、あなたのグルーピング力が高すぎるということです。これに関しては全く改善しなくていいです。良いことですからね。

特にゼロワンやカウントアップでブルを狙っている時は、グルーピング力が求められるので先に刺さったダーツに2,3投目がぶつかって取れたりすることはある程度しかたないかと思います。こればかりは仕方ない…。

では、以上の問題を踏まえて、ダーツのフライトが外れにくくする方法を紹介します。

ダーツのフライトを外れにくくする方法

外れにくくするだけなので、外れるときは外れます。ご了承の上御覧ください。

※どうしてもストレスに感じる方はシャフトとフライトが一体型になったコンドルフライトをお使いください。この手の問題で言えば最強です。

ルーティーンを作る

ダーツの一連のフローは、「ダーツを投げる→ボードから抜く」の繰り返しだと思いますが、この一連の動作にフライトをポンポンと軽くシャフトにはめ込む動作を追加します

過度に触りすぎるとかえってフライトが劣化する恐れがあるのでホント軽くポンポンと叩く程度でOKです。

タイミングは、ダーツを抜いた後がしやすいと思います。

軽く触るのにはもう一つ意味があって、フライトが外れかけているのがすぐにわかりやすくなるからです。その時はしっかりシャフトに差し込んで対応してください。

このルーティーンを作るだけでフライトは外れにくくなりますよ。

取れないようにはめ込む

根本的に解決するパターンですね。

これに関してはDMCの清水浩明さんが詳しく解説している動画があったのでそちらを参考にしてください。

まじで抜けないです。ぜひお試しあれ。

カーボンシャフトとアルミシャンパンリングでセッティング

僕は普段Lstyleのシャフトとフライトを使っていて、カーボンのシャフトにアルミのシャンパンリングでフライトはシェイプを使っています。

このセッティングにしてから本当にフライトが外れにくくなりました。2~3時間投げて一回外れるかな?くらいの頻度でしか外れません。

カーボンは初期費用は少々かかるもののコスパはとてもいいので、ぜひカーボンシャフトとアルミ製のシャンパンリングを使ってみてください。相性抜群です。

合わせて上記で挙げた動画の方法を試してみてください。まじで抜けませんので。