ダーツハウストーナメントの魅力とは?【初心者でも大丈夫!】

皆さんハウストーナメントって知ってますか?

ハウストーナメントとは、ダーツショップとかダーツバーで行うプチダーツ大会みたいなものです

週に1回ハウストーナメントを行ってるところもあれば、年に2~3回のところもありバラバラです。

ハウストーナメントを行う目的としては、

  • お客さん同士の交流を深めてもらう
  • お店のことを知ってもらう
  • 開店◯周年でお客さんに感謝の意味を込めて など…

と様々です。

そこで今回はハウストーナメントの魅力や参加費用・マナーなどについて話していきます。行ったことがない人はこれを機会にいってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、初心者さんでもハウストーナメントは十分に楽しめますよ。

スポンサーリンク

ハウストーナメントの魅力とは?

僕自身めちゃくちゃハウストーナメントに参加してるわけではないんですが、ダーツ歴6年でそれなりに経験してきたのでそこらへんも含めてハウストーナメントの魅力を話していければと思います。

誰でも楽しめる

ハウストーナメントはダーツ初心者でも上級者でも、老若男女問わず楽しめます。

オートハンデで対戦するところがほとんどなので、レベル差とかもそこまで気にせず楽しめます

ダーツ友達ができる

ダーツ友達めちゃ増えます。

友達は増えれば多いってことではないでしょうけど、僕周りにダーツしてる友達があんまりいなくて基本一人で練習みたいな感じだったので、正直寂しかったです。

そんな孤独ともおさらばできるのがハウストーナメント

ちなみに、女子限定のハウストーナメントとかやってるところもあるので、「ちょっと男性多いのやだ」って女性の方はそういうイベントに参加してもいいでしょう。

ちなみに、僕が行ったことがあるハウストーナメントの男女比率は大体が「男8:女2」くらいでした。

刺激がもらえる

ワイワイ楽しく真剣勝負。これがハウストーナメントの醍醐味だと思うんです。

なので、楽しいけどやっぱり負けたりするのは悔しいし、勝ったらすっごく嬉しい。

こんな体験って中々できないと思うんです。普段一緒に投げてる人だと慣れてしまって勝敗にこだわりずらくなりますからね。

でもハウストーナメントでの勝敗はその瞬間のみ。勝ち負けで刺激がすごくもらえます。

あと、ダーツ初心者とか始めて間もない人でもめちゃくちゃダーツうまかったりする人を見ると「やっべオラも頑張らないと」ってこれまた刺激もらえます。

通えるお店が増える

ぶっちゃけ初めて行くダーツバーとかって正直行きにくい。

まぁ行ったら行ったでなんとかなるんですけど、ハウストーナメントに参加してたらお店の人とか常連さんが覚えてくれてます。

通えるお店が増えれば、社会人の方であれば知らないダーツバーより知ってるダーツバーの方が2次会のセッティングなどでお世話になりやすいです。

さーもん(管理人)

当時の僕は知らない人とダーツすることなかったんで、すごく刺激的で楽しかったです。

ハウストーナメントのマナー

楽しい中にも礼儀あり。

ハウストーナメントはマナーについてとやかく言われませんが、最低限のマナーは守らなくてはいけません。

  • 人がスローしてる時に邪魔しない
  • 嫌がられるような行為をしない(ナンパとか)

などなど、その他迷惑行為はみんなから白い目で見られるのでやめましょう。

グータッチ(挨拶)【初ハウトーの方必見】

これは試合の前後で行う挨拶の一つで、試合前は「よろしくおねがいします」の意味を込めてグータッチ。

試合後は「ありがとうございました」の意味を込めてグータッチもしくは握手。

と、ダーツではそんなしきたりがあるので、ダーツ初心者さんは知っておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

ハウストーナメントの内容(参加費用・ゲーム内容・賞品内容など)

ハウストーナメントは、ハウス(お店)のトーナメントなので場所によって参加費用・ゲーム内容・賞品内容は異なります。

お店によってマチマチですが、ハウストーナメントの参加費用は大体1000~3000円くらいで参加できて1ドリンク付いてきます

ゲーム内容は、基本的にレベル差が均等になるようにダブルスを組んだり、友達とダブルス組んで出たりなど様々です。オートハンデはほぼデフォルトと思ってもらっていいでしょう。

シングルスとかもキャパが広いところとかは開催してたりします。

3leg(501→クリケ→501)だったり、全部01だったり人の混み具合によっても違ってきますね。

賞品についてですが、そのお店で使える商品券とかダーツ道具とかがメインだと思います。

まとめ

とにかく楽しいハウストーナメント。

基本的に参加してる人は優しい人がほとんどです。気さくに話してくれますし、美味しいごはん屋さんとか教えてくれます。(グルメ多い気がする…笑)

もしまだハウトー参加したことがないなら一度参加してみてはいかがでしょうか?