【自粛中も練習!】壁に穴を空けないダーツボードの設置方法

【新しいコンドル】一体型硬質フライトCONDOR AXE(コンドルアックス)の情報解禁!

つい先程TRiNiDADの公式アカウントにてこういったツイートがされました。

ついに、新しいコンドルフライト「CONDOR AXE」の情報が解禁されました。

ブログ記事は、主に新しいコンドルフライトについてのびっちり書いてました。

改めてダーツの熱が高い会社だと再認識しましたね。ちなみに一緒に上がっていた動画はこちらです。

そんなダーツ熱アツアツの会社から発売された新しいコンドルを投げないわけにはいかないでしょう。ってことで早速投げてみたいところなんですが、ブログ記事内にもあるようにまだ発売されておらず投げることができません。

ちなみに発売日は、2019年7月20日(土)で、一斉予約開始日は同年7月8日(月)16:00~です。

もっと早く手に入れたい方は、大会ブースにて先行販売しているみたいなので、そちらで手に入れちゃってください。

直近で言うと、7月7日(日)に福岡県久留米であるHeineken cupの会場内TRiNiDAD/CONDORブースにて手に入れることができます

形状もカラーもいま発表されている分は全て先行販売されるみたいです。販売個数は情報が出てなかったので、売り切れる前にブースに駆け込んだほうがよさそうですね。

ブログでも説明されてましたが、簡単に新しいコンドル「CONDOR AXE」の特徴や形状・長さ・カラーの紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

CONDOR AXE(コンドルアックス)の特徴

  • バネのような弾性力
  • いまだかつてない弾力性
  • 従来のコンドルより重い
  • フライトがぶつかる心地よい音
  • これまでにない透明感のクリア
  • びっくりするほど高価な樹脂使用

詳しいことはブログを見たほうがわかりやすいと思うので、説明は省略しますが、以前のコンドルとはまた違う良さを持っているようです。

ダーツユーチャンネルにて、CONDOR AXEのPVでもあったように山田勇樹プロが踏んでも壊れないみたいです。

普通硬い素材でできてたら柔軟性がなくてパキッといっちゃいそうな感じですけど、高い弾力性と耐久力でめちゃくちゃ頑丈にできてるらしい

まだ動画を見てない方は御覧ください。

CONDOR AXE(コンドルアックス)の形状・長さ・カラー

現段階で発表されている形状・長さ・カラーは以下の通りです。

CONDOR AXE(コンドルアックス)の形状

左がスタンダードで、右がスモールです。

形状はいまのところスタンダードとスモールが発表されています。スモールは他のブランドで言う「シェイプ」みたいな感じです。

通常のコンドルフライトは、これに加えてスモール・ティアドロップ・ダイアモンドの計5種類形状があったので、また後でいろんあ形状が発売されるのではないでしょうか?楽しみですね。

CONDOR AXE(コンドルアックス)の長さ

コンドルアックスの長さは、通常のコンドルフライト同様に、S・M・Lが用意されています

コンドルのサイズに関して簡単に解説

S(ショート)は、21.5mm。エルスタイルでいう190よりちょっと長いくらい。フィットフライトでいう3番よりちょっと短い感じ。

 

M(ミディアム)は、27.5mm。エルスタイルでいう260よりちょっと長いくらい。フィットフライトでいう4番よりちょっと短い感じ。

 

L(ロング)は、33.5mm。エルスタイルでいう330よりちょっと長いくらい。フィットフライトでいう6番よりちょっと短い感じ。

CONDOR AXE(コンドルアックス)のカラー

現段階では、ホワイト・ブラック・クリアの3種類が用意されています。

ブログにも書いてありましたが、1、2本目に刺さった矢を目印に投げたい方は、クリアだと見えないので、ブラックかホワイトがおすすめみたいです。

逆に刺さったダーツを気にしたくない方は今作から透明感がアップしたクリアを購入されるのがいいかと思います。

スポンサーリンク

早く欲しいコンドルアックス!

僕は間違いなく最初はクリアを購入します。刺さったダーツを意識したくないのもそうですが、キレイな透明感があるクリアに一目惚れしました。まだ実物は見てないですが、かなり気になっているのですぐに買うと思います。

購入したら1~2時間くらい投げ込んでコンドルアックスのレビューでも書こうかなーと思っているので、その時はぜひ見て参考にしてもらえると嬉しいです。

※2019/7/29追記。レビュー記事書いたので使用感など気になる方は下の記事からご確認ください。

【固い!頑丈!音良し!】CONDOR AXE(コンドルアックス)を使ってみた感想レビュー