【自粛中も練習!】壁に穴を空けないダーツボードの設置方法

【ハードダーツの完全試合】9ダーツ厳選動画まとめ5選【日本人も9ダーツ達成?】

9ダーツ、それはダーツプレイヤーの一つの目標と言っても過言ではない偉業のこと。

今回その9ダーツの達成動画や9ダーツ(ナインダーツ)について簡単に説明していきます。

ダーツのモチベーションアップにどうぞ。

スポンサーリンク

9ダーツ(ナインダーツ)とは?

ダーツのゲームルールの「01(ゼロワン)」における501を3ラウンドの9投でフィニッシュするパーフェクトゲームのことを言います。

MEMO

違う呼び方で、9ダートフィニッシュとも呼ばれています。

また、9ダーツを達成したプレイヤーは「9darter (ナインダーター)」と言われています。

最近では、海外の有名なプレイヤーであれば一回は9ダーツフィニッシュ達成しているイメージがありますが、それでも滅多に出るものではありません。

【厳選】おすすめ9ダーツフィニッシュ達成動画5選

今回紹介する選手の名前と9ダーツの内容も合わせて書いていきます。

全部かっこいいです。

一試合に2回9ダーツを決めた!フィル・テイラー/マイケル・ヴァン・ガーウェン

まずは、一試合に2回9ダーツを決めたフィルとガーウェンの動画を立て続けに2本どうぞ。

この動画の9ダーツアレンジ内容

1回目

20T-19T-19T=174 (残327)

20T-20T-20T=180 (残147)

20T-17T-18D=147 (finish)

2回目

20T-20T-20T=180 (残321)

20T-20T-20T=180 (残141)

20T-19T-12D=141 (finish)

さーもん(管理人)

続いては、ガーウェンの一試合に2回9ダーツを決めた動画です。

この動画の9ダーツアレンジ内容

1回目

20T-20T-20T=180 (残321)

20T-20T-19T=177 (残144)

20T-20T-12D=144 (finish)

2回目

20T-20T-19T=177 (残324)

20T-20T-20T=180 (残144)

20T-20T-12D=144 (finish)

マイケル・ヴァン・ガーウェンが魅せた!ダブルブルアレンジ9ダーツフィニッシュ!

9ダーツでDBULLアレンジ入れるのは本当にやばいです。

まぁ見てみてください。やばいんで(語彙力)

この動画の9ダーツアレンジ内容

20T-20T-20T=180 (残321)

20T-19T-19T=174 (残147)

19T-DBULL(50)-20D=147 (finish)

ダブルスタートで9ダーツ?!ブレンダン・ドーランの究極の9ダーツ達成動画

ダブルインというダブルに入らないと点数が入らないルールがあります。

そのルールでブレンダン・ドーランがやってくれました。

なんと、ダブルスタートのルールで9ダーツを達成したのです。

この動画の9ダーツアレンジ内容

20D-20T-20T=160 (残341)

20T-20T-20T=180 (残161)

20T-17T-DBULL=161 (finish)

奇跡!ダブルスタート9ダーツを1試合で2人が達成!!ジェイムズ・ウェイド/ロバート・ソーントン

先程のブレンダン・ドーランが果たしたダブルスタート9ダーツを更に超える出来事が起こりました。

それが下の動画です。

1試合で両者ともにダブルスタート9ダーツを達成してしまったのです。

この動画の9ダーツアレンジ内容

ジェイムズ・ウェイド/ロバート・ソーントン

20D-20T-20T=160 (残341)

20T-20T-20T=180 (残161)

20T-17T-DBULL=161 (finish)

スポンサーリンク

番外編【日本人も9ダーツ達成!?】榎股慎吾選手の9ダーツトライ動画

結論からいうと、9ダーツは達成できませんでしたが、日本人プロ選手の「榎股慎吾選手」がハードダーツで9ダーツトライまでいきました。

※フルの試合動画しかなかったので、榎股慎吾選手の9ダーツトライの一部始終を見たい方は、14:30頃から御覧ください。

さーもん(管理人)

この動画を何も知らずに見たときに、すごく鳥肌立ったのを今でも思えています。

おしかったけど、めちゃくちゃかっこよかった!

まとめ

あんな大舞台で、しかも緊迫した状況が続く期待が高まる中で9ダーツを達成するのは本当にすごいですよね。

個人的には、ジェイムズ・ウェイドの9ダーツが好きです。

さーもん(管理人)

ジェイムズ・ウェイドは、フィルやガーウェンの9ダーツの被弾をよく受けていたので、達成した時嬉しさが込み上げたのを今でも覚えています。

そして、今後はもっとレベルが上がっていって、9ダーツを達成していく人が増えていくと思います。

日本人選手が9ダーツを達成する日もそう遠くないかもしれません。